「HP制作」の記事一覧

HP制作

ネットビジネスのノリでHP制作は請け負わないこと

ネットビジネスで稼いだから、
HP制作関連を事業として行っていきたい・・・。

そう考えるアフィリエイターは
わりと多いんじゃないかなと思います。


デザインでも、マーケでも、コピーでも。

アフィリエイトで培ってきたことを
事業として活かしていきたいと思うことは、
ごく自然なことではないでしょうか?


ただ、あなたがどのような形でアフィリエイトで稼いできたのか?
事業として行う前に、少し見つめ直してみてください。

すでに取り組んでいて上手くいってる人には当然のことですが(汗)
行ってきたアフィリエイト手法によっては、
そのまま同じノリで行うと事業主さんに迷惑がかかる可能性が大です。


毎日「これがオススメです!」とアフィリエイトしてる人


・ブログやるならこの教材がオススメです!
・サイトを作るならこのツールがオススメです!
・メルマガで稼ぎたいならこの教材です!

アフィリエイトでよくある(汗)こんなやり方で
あなたが稼いできたのであれば(まだ稼げるのか?)

HP制作を始めようとするのは少し待ってください。


同じやり方でHP制作を請け負うと、
何もできずに終わってしまうはずです。

・集客は無料レポートで?
・無料レポスタンドのメルマガに広告を出す?

ネットビジネスのやり方は、
リアルビジネスを行う事業主さんのHPでは通用しません。(笑)

当たり前なのですが、意外と、
同じノリで挑戦しようとする人もいらっしゃいます。


ネットビジネスは特殊な業界です。

オススメすれば何でも買ってしまうような人、
情弱層への売り込み、売り逃げ、煽り、
そんなやり方が通用するのはネットビジネスくらいのもの。

ネットビジネスとおなじやり方をHP制作で行えば、
事業主さんもやっていけなくなるのは当然です。

HPを作り、やり方もアドバイスしたあなたは、結果的に
事業主さんから恨みを買うことになるかもしれません。(汗)


リアルビジネスのノリで、リピーターが生まれる商品やサービス、
その後のサポート、フォローなど、当たり前のことを当たり前に
行っていると、ネットビジネスでも普通に稼げます。

むしろネットビジネスでは「珍しい!」と、ありがたがられます。(笑)
いい意味で「珍獣」扱いされますから、リアルビジネスのノリは有りです。

しかし、前述したような、ネットビジネスのノリで
リアルで活動する事業主さんのHPを作ったり、

ネットビジネスだけで有効なマーケ的なことをアドバイスしても、
良い結果は絶対に生まれないでしょう。

ネットビジネスはそれくらい特殊な業界なのです。


あれはダメ!これはイイ!


そんなノリも、ネットビジネスだけですね。

敵を作るようなやりかたでHPの作成を行うと、
事業主さんに迷惑がかかります。

同業者からクレームが来ることも考えられますね。


まだOKなのが仮想敵を作るやり方。

あまりにもヒドイのは変な客を呼び寄せますが、
これはまだ「軽いものなら」いいと思いますよ。

しかし実名批判は絶対にNGです。
物販ASPでは、この手のアフィリエイターの
取り締まりが厳しくなってきてますね。

ひどいところは実名批判をしておきながら、
自分自身はハンドルネームで行うっていう・・・。

そんな人たちもいるくらいです。


そのやり方で稼いでいても、いざHP制作を請け負った場合に、

「どうやって店や会社の魅力を伝えていくのか?」

ネットビジネスしか知らない人にとっては、
やり方がまったくわからなくなるはずです。

これら、ネットビジネスにありがちなノリで
稼いだとしても、HP制作には生きてきません。


WEB制作系やマーケ関連の事業を行っている本当に地力のある人たちからは、
ネットビジネスや情報商材の業界を失笑する人が多いですよ。

これほんと。バカにしてる人は本当に多い。

あなたがアフィリエイトでどのように稼いできたかにもよりますが、
もしHP制作などウェブ関連の道に進みたいのであれば、
ネットビジネス系ではない人たちに1から学んだほうがいいと思います。


いまのネットビジネスは「宗教」や
「ねずみ講」にも近くなっていますね。

おなじノリでアフィリエイト以外を行うことは危険です。
HP制作など、あなた以外の人が絡むことならなおさらです。


(わかる人には「当たり前」な内容でした。
ただ、おなじノリで挑戦しようとする人って本当にいますので・・・。)

HP制作

HP制作の仕事を取るための会話術

HP制作の仕事をしたいけど、
どうやって契約まで持ち込めばいいのか?

「契約まで持ちこむ会話術なんてのがあれば知りたいな~。」

アフィリエイター以外にもHP制作をはじめたいと考えるあなた、
そんなことを考えたことはありませんか?

(考えてない方はスルーで)

人はときに、まったく見当違いの悩みを抱えてしまうことがあります。


ネットで検索しても、答えが見つからない
本を探しても、詳しく解説している本がない。

そんなときは、あなた自身の疑問そのものを疑ってみましょう。


メルマガでHP制作の話をしていたころ、
「契約を取るためのセールストークってどんな感じですか?」

こんな質問を1通いただいたことがありました。


実はこれ、あまり意識しなくていいところです。

HPを作りたいと考えている人と出会ったら、
その方の話を聞いてあげる、もしくは
相談に乗ってあげるという姿勢でいてください。

欲をいえば、あなたの心に

「別に仕事が欲しいわけじゃないけど。」

と、そのくらいの余裕があった方がいいです。(笑)

アフィリエイトで一定の収入があれば、
自然とそんな余裕も持てるはずです。




言ってる私も、実は、人さまのHPを
作る仕事がしたいと考えるようになったとき、
同じことを考えたことがあるのです。

「契約まで持ち込むセールストークが知りたい。」
「できれば実録でリアルな様子をみたい。聞きたい。」
「誰か販売してる人はいないか?」

恥ずかしながらそう考えていました。


一定の関係を持てた業者さんに対して、
「契約時の様子が見たいです。」

と質問してしまい、
「?」の表情をされたこともありました。(汗)


運よく年商10億の社長さんとお話しできたときに

「セール時の様子をなんとか見れる機会はないでしょうか?
どんな会話で契約まで持っていっているのか?それが知りたいんです。」

といった質問をしたこともあります。

当然、「なんで?」と露骨に不思議がられました。


今となっては本当に恥ずかしい経験です。(汗)

見当違いの悩みを抱えていたことに、
私自身、気づきもしてませんでした。



これは恋愛に置き換えるとわかりやすいかなと。


明日はデート。そんなとき、

・どんな話題で盛り上がるか?
・デート中にはどんな話題で盛り上げるか?
・○時頃になったら昼食で何を食べる?
・その時にどんな会話をする?

これらを事細かく考えてしまいがちです。

デートなんて会話の内容を事細かく、事前に考えても、
その通りに事が運ぶわけがありません。

慣れないころは、ネットで見つけた「口説きの会話スクリプト」なるものを
一晩中、暗記する男性もいるかと思います。

モテる男性に言わせれば、
「会話?んなもんテキトーだよ。(笑)」
こんな感じなのに。

(この”テキトー”にはいろんな意味が含まれてますが)


これと同じことを、HP制作がはじめてのとき、やってしまいます。

「このように事を運べば契約までいきそう。」な、
会話テクニックなどを探してしまうのですね。

実際は、親身になって話を聞いてあげる、
相談に乗ってあげる、そんな感じで十分です。

聞き上手、または話させ上手を意識し、相談に乗ってあげて
相手さんの悩みや、実現したいことを聞いてあげてください。

そしてあなた自身のネット経験、現在のネットの傾向などを考慮し
ぴったりなアドバイスをしてあげる感覚でいいかと思います。


恋愛において、好きでもない子に好かれる現象。

それはあなたの気持ちに余裕があり、
その余裕と自信を持って接することができるから、
好かれてしまうという点が大きいでしょう。


仕事でも、特に必死になって契約を取りたいとは思わない。

そんな心の余裕が相手さんに伝わり、
最終的にお願いされることはあるものです。

凝った会話術や会話スクリプトは必要ないです実際は。。。


↓そしてもしかしたらあなたは
こういうイメージを持っているかもしれませんが、
kaiwase

すべてがそうしなければいけないわけではありません。

むしろはじめから、スーツをばしっと着こなして
契約を取りに行くようなスタイルはハードルが高いと思います。

私の場合はこれまでお伝えしたように
「近所の兄ちゃん」的な感じで人に関わっていくので
もっとカジュアルな感じで行っています。

そしてそのようなスタイルが許容される人、
許容される関係の人の相談を受けます。

スーツを着ることなんてほとんどないっす。(汗)

HP制作

ネットに詳しくなるとすぐHP制作とかやっちゃう人

(この記事は以前メルマガでお伝えした内容に手を加えたものです。
アフィリエイトで培ったスキルを事業として活用したい人向け。)

HP制作業の話、

ここまで話してきて言うのもなんですが、

「本当にホームページ制作の仕事をしますか?」

というお話をします。




以前、何らかの媒体で見たのですが、

元ライブドアの社長「堀江貴文」さんが、

こんなことを言っていました。


「ネットに詳しくなっちゃうとすぐ、
ホームページ業者になっちゃう人って多いんですよね。」



そうそう。

「まさに俺。」


私は思わずうなづいてしまいました。(w)



ネットに詳しくなってくると、

やはりその延長線上で考えてしまいがちです。

ウェブデザインなども同じかもしれませんね。



あなたが、もし、

将来的にホームページ制作業務を考えているのであれば、

これまで培った技術を用いて、

「もっとおもしろいことができないかな?」と、

考えてみたほうがいいかもしれません。


私も自分でやっといてなんですが、

ホームページ制作をはじめる前に

”進むべき選択肢”を増やしておくといいです。



そのためには、あなた自身の目で、

いろんなものを見ておく必要がありますね。


パソコンでできる技術を使って、

・こんなこともできるんだ!?

・こんな世界があるんだ!?

・これが仕事になるんだ!?


そんな仕事、そんな経験を

数多くしておくといいのではと思います。


ネットビジネスは学びながら稼げるので

適性を探しながら稼いでいけるのが良いところ。

いろんな経験をしておくといいかもしれませんね。


ただ、なんだかんだでズルズルと

長居してしまうのがネットビジネスでもあります。(笑)

HP制作

HP制作の決済関連の話

(この記事は以前メルマガでお伝えした内容に手を加えたものです。)

金額やプランが各HP業者で違うように、

これらのこともあなた自身で決めていく必要があります。


・他のHP業者とどう違うのか?

・どのようなことができるのか?

・何が得意なのか?


そういった、


あなたのサービスに申し込むメリットやプランによって

金額も変わってくるはずです。



また決済関連のことも

事前に準備しておく必要があります。



決済会社はPayPalがあれば十分かと思います。

あなたは何らかのネットビジネス(アフィリエイトなど)に

日頃から取り組んでいるかと思いますが、

独自の教材販売なども行い、

PayPalを使い慣れておくといいと思います。




また、依頼者さんとの話の中で

「楽天カードでやるとポイントたまるのでいいですよ」みたいに言うと

庶民性が丸出しですが(笑)喜んでもらえたりします。



そしてこういった自動引き落としのことは

銀行にも相談に行って話を聞いておいた方がいいです。


ネットでもある程度、調べられますが、

細かい疑問などもあると思いますので、

直接、話を聞いた方がはやいです。



PayPalなどの決済会社を利用する場合、
継続決済のたびに数%の手数料を引かれますが、

銀行系だと月1500~1600円の定額の手数料で、
あとは一件当たり100円、200円の
手数料のみかかるだけのところもあります。

(銀行によって違います)


決済会社のほかにも銀行系の手数料もしらべて、

最適なものを選んでみてください。


迷ったらPayPalでいいのではないかなと。(笑)

銀行にもよるのでしょうが、

書類を持っていく必要があったりと、

面倒なこともありますので・・・。

HP制作

HPを作った事業者さんに事前に伝えておくべきこと

(この記事は以前メルマガでお伝えした内容に手を加えたものです。)

アフィリエイターからHP業者になりたい方へということで
お伝えしてきていますが

今回は、仕事を受けた事業主さんに
事前に言っておかなければいけないことについてお伝えします。

制作前の依頼者さんに、事前に伝えておくべきこと。

それは収益や問い合わせが発生するまでの時間です。


事業主さんなどの依頼者のHPを作る際に、
あなたはまず、基本的な集客は
SEOで行うところから考えるはずです。

サイトアフィリエイターならご存知のように、
検索エンジンに登録するところから
収益が発生するまで、タイムラグがありますよね。

Googleの場合は新規サイトが登録されるまで
数日かかることが多いですが、

登録されたからといって収益や問い合わせがすぐに発生することは
ニーズにマッチしたサイトを一発で作れた場合でない限り難しいはず。

サイトを作る段階でUSPやらサイト訪問者に対する魅力的なオファーやらを
考えないといけませんから、事前の準備にも時間がかかります。


それらすべてを踏まえて、HP作成の依頼者さんには
「すぐに成果が出ることは稀で、いろんな調整をしながら
サイトを作りあげていく必要があるので、
サイトを公開しても問い合わせや注文が入るまで大抵は数週間から数カ月かかります。」

といったことを、事前に説明しておく必要があります。

資金のある事業者さんならいきなりPPCで集客を図るのもいいですが
広告に資金を出せる事業者さんなんてそういません。

個人事業主ならなおさらです。

大抵の場合は広告費のかからないSEOでの集客をすることになります。


また、

広告に抵抗ある事業者さんなのか?
そうでない事業者さんなのか?

それを、事前に見極めておくことも大切です。

タウンページに広告を載っけていた経験のある事業者さんだったり
回覧板に広告を載っけていた経験があるなど、

その事業者さんの業界自体が、
広告を出すことに抵抗が無い人たちの多い業界であれば
PPCの出向にも抵抗が無い場合がほとんどです。


HP作成に興味のある事業者さんとお話しをする中で
それを事前に見極めておけば、
はじめからSEOで勝負していくのではなく
PPCからはじめるのもいいでしょう。

はやく成果が出ると依頼者さんも喜びますので。


ただ基本的には、最初はお金をかけずSEOで
集客をはかる場合がほとんどかと思います。

検索エンジンに登録されるまでの時間や、
順位が安定してくるまでの時間、

さらには、申し込みが発生するまでの時間を
事前に伝えておくことが大切です。

でないと事業者さんは不安になります。(汗)


私の場合は、
「だいたい3カ月は様子を見る必要がある。」
とお伝えしてます。

HP制作

SEO業者からの電話は断るよう伝えておく

(この記事は以前メルマガでお伝えした内容に少し編集を加えたものです。)

HP制作業者としてホームページを持つと、

SEO業者さんからの電話が来ると思います。


一般の事業者さんの元へだけでなく、

”あなたの元へ”も来ます。(笑)




試しに、HP業者として、

あなたもご自身のホームページを

持ってみてください。


ほぼ間違いなく

”あるSEO業者”から、

電話がかかってきます。



あるとき、私のスマホに、

「留守番電話」が入ってたんです。



そのとき、

ウ○コ中だったので電話に

出れなかったんですよ。





ウ○コは出たんですけどね。(w)









で、留守電を確認してみると・・・


「はじめまして!」

「わたくし、ジー、○ム、オーの、提携会社である、
○○株式会社の○○と申しますが・・・」



こういった感じで、

「SEOに興味ないか?」

と、

電話してきます。


無視してたら何度でもかけてきます。(笑)



この業者さん、

電話してくるSEO業者として有名らしいです。


HPを持ってる事業者さんは「ウチにも来たよ」と

おっしゃる方が非常に多いですから。


しかもコンテンツによるSEOならまだいいのですが

「被リンク」系のブラックハットですよ。(笑)



ペラページもしくは数ページの

「アフィリエイトサイト」に対しての

ブラックハットであれば

自己責任の範囲でやればいいと思います。


ですが、人さまのHP、しかも事業のために長く育てていくようなHPを

ブラックで上位表示するなんてまともではありません。(汗)



あなたはこういったSEO業者の勧誘に

安易に乗ることはしないと思いますが、

あなたのお客さんは、

サービスを受けてしまうかもしれません。


事前に「こんな電話が来るはずですよ。」と

話をしていた方がいいです。

「SEO」という言葉は知らない事業者さんは多いはずなので、

とりあえずネット関係の業者から話が来たら、

あなたに連絡するようにと伝えておきましょう。


実際、地域に密着したビジネスや、主に来店型のビジネスには

現状の話ですが、SEO業者によるSEOは必要ありません。


サイトアフィリエイター歴が長く

それなりの報酬を出せているなら

地域ビジネスのHP運営も、

問題なくできると思います。



地域を対象にした地域ビジネスはMEOで集客もしやすいですし、

お店として差別化になる要素や特徴(USP的なもの)

そういうことをHP上でやっていれば

地域ビジネスの場合、大抵はOKです。


業者の手を借りずとも、なんとかなります。


事業主さんのHPを作るだけではなく、

こんな業者からも電話が来るといったことは、

事前に伝えておいた方がいいです。

HP制作

PPC業者のセールストークが参考になった

(この記事は以前メルマガでお伝えした内容に少し編集を加えたものです。)

「大田さんはネットからの集客はゼロですか?」

そういったご質問を頂きました。


答えは編集後記で。(古い?)



HP作成から集客まで私がすべて行った、

ある事業主さんのお話しをします。


先日、あるネット関連の業者から、

その事業主さんに電話があったそうです。



電話は、東京のネット業者からだったとのこと。


事業主さんはそのネット業者さんの話に

少し興奮気味でした。

契約するんじゃないか?というくらいに。(笑)




事業主さんから聞いた話を要約すると、


・Yahoo検索で「鹿児島 ○○」で検索したら
 1ページ目に出てくるようにする

・8個のキーワードでの契約で月に15000円

・ワンクリックで数十円から数百円くらいの費用

・県で一件だけの契約。宮崎は決まっている。鹿児島はこれから。

・ホームページを見て信頼できるかどうか審査したうえで連絡した

・○○のインターネット集客はどんどん伸びている

・鹿児島 ○○と検索すると上位五社くらいは何年たっても動かない。
 その仲間入りしませんか?と言われた

お察しのようにPPC業者からの連絡です。


私が作成しホームページを持ったばかりの事業主さんは、

かなり契約したげな様子でした。


倹約家な事業主さんなのですが、

それでも気持ちが揺れ動いていましたよ。(笑)



あなたもネットビジネスをされているなら、

「PPC業者のトークうまいな~」と感じたのではないでしょうか。


ネットに慣れてない層の人なら心が揺ぐはずです。

心境としては

・ウチのお店が選ばれた・・・

・ウチの業界って伸びてるんだ・・・

・県で一件の成約!?断ったらこのチャンスは他の人の手にわたるのか・・・

こんな感じでしょうね。


PPC業者のトークを実際に聞いたわけではありませんが

事業主さんから聞いた話だけで、

これは契約したくなるだろうなと感じますよね。


私も素直に「参考にしなければ」と思いました。(w)
なかなかニクイ営業トークをする業者です。

そして私はなぜか、

むかし行ったラッセンやミュシャの展覧会で受けた
営業マンのセールストークを思い出したのでした。(笑)

どこか通じるところがあります。


ちなみにそのPPC業者。

名前を聞いてちょっとビックリ。

J○○○○(ブログで名前は出せないくらい有名 笑)



・・・

J○○○○って

今そんなことしてるのね。(汗)


■■■ 編集後記(やっぱ古いですね)


「大田さんはネットからの集客はゼロですか?」

そういったご質問を頂きました。

はい0(ゼロ)です。




以前はホームページを持ってました。


しかし「ホームページ作成」という打ち出し方を変えようと

サイトを大幅に改良してる途中で・・・


付きっきりにならなければいけない仕事が入る。→ 挫折。



そのままやる気が起こらなくなりました。(汗)

ドメインも手放しました。


いつか再開しようとは思ってますけどね。

ただ、実際、ネットよりもリアルで集めた人や
リアルでお話しした人の方が仕事に繋がりやすいところありますよ。

お互いに十分なコミュニケーションがとれますし、
私はリアルでお話しする方が好きです。


「ホームページ作成!」と打ち出してネット上で勝負しようと思えば、
ライバルがあまりにも多いので、しんどい思いをするはずです。

ただ、名刺代わりに自分のホームページを持っておくのはいいと思います。

HP制作

世間のHP業者さんのスキルってどう?

(この記事は以前メルマガでお伝えした内容に少し編集を加えたものです。)

私はリアルでお会いした事業主さんを中心に
HP作成の仕事をさせてもらってます。

作成以外にもちょっとした添削や修正作業もあります。


実際にHP業者が作った事業者さんのHPを

見させていただいたりもするんですが、

高いスキルを持っている業者さんって少ないです。


私がアフィリエイターからHP制作をはじめようと思ったとき

「俺は通用するんだろうか?」

そんなプレッシャーを感じていました。


でも意外と・・・ですよ。(汗)



あなたのサイトアフィリエイター歴が長ければ

びっくりするんじゃないかなと思います。


さすがに、全国を対象に勝負できている業者さんは

専門知識・スキル・経験が非常に高いです。


発する言葉が宇宙語に聞こえる業者さんもいます。(汗)


ですが、特に地方の業者さんは・・・

わりと微妙だったりしますね。



例えば、小むずかしい名前の

店舗さんってあるじゃないですか?

美容室とかよくありますね。



どこの国の言葉なのか分からないような名前。

雰囲気としては、

L’Arc~en~Ciel


みたいな感じです。(笑)



L’Arc~en~Ciel(ラルクアンシエル)というのは

日本のロックバンドの名前なんですけど、

名前がそれっぽい美容室って、あるじゃないですか。



名前がそれっていうのは
いいんですけど、

トップページのタイトルタグが、

L’Arc~en~Ciel

だけってこともあります。




ほんとに。

HP業者が作ったホームページですよ?


あなたがサイトアフィリエイターなら分かると思うんですが、

お店の名前だけってよりも


「○○市○○町の美容室△△△」

(○○には地域名。△には店舗名が入ります)

「○○近くの美容室△△△」

(○○にはランドマークや駅などのキーワードが入ります。)

検索されるであろうキーワードを考えて、

こんな感じにした方がいいじゃないですか?



L’Arc~en~Cielって美容室の名前で広告出しまくって

店の名前の「認知度」が高ければ、

タイトルタグに入れるのは、お店の名前だけでもいいです。


お店の名前を知った人が、

お店の名前で検索してくるかも知れないから。


でも広告出してるわけでないのなら、

「地域名」や「ランドマーク」「駅名」などに加えて

「美容室」の複合キーワードで

検索されるようにした方がいいのです。



仮に、店の名前で検索されるようにと考えても、

L’Arc~en~Cielより

ラルクアンシエルで

検索される可能性の方が高いです。


「’」こんな文字がある時点で

キーワード入れることに労力を感じますから

カタカナで検索されるようにした方がまだマシですよね。



L’Arc~en~Ciel-ラルクアンシエル

とか、

このように、
正式名称と「読み」も入れるとかですね。

これだったらまぁ・・・わからないこともない。

(あくまでも広告やCMして名前が認知されてるなら)



でも理想は

地域名orランドマーク名or駅名+美容室+店舗名。


「東京都千代田区永田町の美容室ラルクアンシエル」

最低でもこれが無難と私は考えます。

トップページのタイトルはこれにして、
アクセスページでは駅名やランドマーク名でページを作るとか。

そういった作りにした方がいいと思ってます。



サラリーマンで時間をこなしていれば給料がもらえるような

スタッフさんが作ったものだと、あまり良い物ができません。


成果報酬のアフィリエイター上がりの人間たちとは

勝負にならないのです。



ひどいところはMEO対策すらしていないです。

実店舗でビジネスされている方は

MEOというオイシイ手段があるのにも関わらず、

それすらされていないHPもあります。


ある程度、経験を積んだアフィリエイター限定の話ですが、

アフィリエイターってスキル高いです。


アフィリエイターは一部のネット住民から嫌われている側面もありますが、

少しズラすと、質と価値の高い仕事ができる人たちでもあると思ってます。



実際に、あなたの地域で活動している

何かしらの店舗のHPを見てみてください。


ソースを見るとHPを作った人の実力が垣間みれて、

あなたも何かしら、自信がついてくるかもしれません。

ページの先頭へ