「情報販売」の記事一覧

情報販売

アフィリエイト以外にも収入の柱を持つ

今回は「アフィリエイト以外にも収入の柱を持つ」ということでお伝えします。

このページを見ているあなたは、アフィリエイトに取り組んでいる方だと思いますが、アフィリエイト以外にも収入の柱を持ちたいといったときに、初めに視野に入れておくべきなのが情報販売です。

その理由は親和性の高さ。

アフィリエイトと情報販売を両立して行っている情報発信者は、ネット上を見渡しても多くいるように、そしてオススメしている人も多いように、大変、親和性が高いです。

あなたがアフィリエイト以外にも、収入の柱を増やしたいと思われたら、私からも情報販売をオススメします。

最初は「アフィリエイトだけでいい」と思ってた


アフィリエイト商品だけで情報発信しているかたは非常に多いですよね。

例にもれず私もそんなアフィリエイターのひとりでした。

しかしアフィリエイトは、ほとんどリスクがなく始められるということもあり、ライバルが次第に増えてくるにつれ、「大多数の中の1人」といった印象を持たれている感じを、読者から抱かれやすいです。

私も過去に読者さんとのやり取りから感じたことがありますから。


人により評価はさまざまですが、あまりよろしくない教材を販売している人でさえ、「販売者」という立場で一目置かれていることを印象として感じたのです。

インフォプレナーより影響力があるアフィリエイターが増えるという事実はあるものの、人が潜在的に抱く印象には差があるんだなと。
「アフィリエイトだけでは越えられない壁」を感じてしまいました。

アフィリエイトだけをやっているときには、「いいように販売者に使われている」と感じたこともあったものです。販売者の対応を見て「この程度にしか考えられてないんだな」という経験もしました。
ただ自分が独自販売でなくASP販売する側になった時はそうならないようにしたいという意味では学びにはなりましたけどね。三3


アフィリエイトだけでも、やれるとこまではやれます。

しかし、抑えたところ(販売)は抑えたうえでアフィリエイトを行うと、販売者というだけで一歩先を行かれていた人たちとも同じスタートラインに立つことができ、純粋なコンテンツ勝負でも、読者に公平な印象を持たれだしたように感じたものでした。

特典提供のみ vs 特典提供と販売教材提供


教材の販売を行わず、アフィリエイトで「特典」だけの提供をしていても、稼げることは稼げます。

私が知っているブログの話ですが、情報商材アフィリエイターとして本名を出さず、ブログだけで稼いでいる人もいらっしゃいます。

このアフィリエイターのブログはコンテンツがメチャクチャ「濃い」です。

さらに、提供している特典に関心が強く向いてしまうな、
意図的なブログコンテンツ提供も素晴らしいと思います。

「私も見習わなければ!」と思っていますが、それでも、
私の場合は「販売も行う」という選択を取っています。

販売をやってみたことで、販売の「楽しさ」や「やりがい」を知ったということもありますし、先ほどお伝えしたアフィリエイトだけをしていたころの嫌な経験もあります。

アフィリエイトだけを行って、特典のみの提供だけに留まるよりも、販売も同時に行った方が、これまでお伝えしたようにメリットは大きいです。

アフィリエイター当人の生活や事情もありますから、
アフィリエイトだけに留めておくのも選択肢のひとつではありますが、

あくまでも、私としては、アフィリエイトと教材販売を同時に行い
特典提供と販売教材提供を同時に行うことがベストだと考えています。

特典と販売教材では、属性が違うため、読者の向き合い方が変わってしまいますから。

アフィリエイトと教材販売の両立


「アフィリエイトだけを行うサイト」と、割り切って行う分には、アフィリエイトだけでもいいと思います。

私も物販や情報商材など、アフィリエイトだけのサイトは普通にありますし。

それでも、自分自身が広告塔になって情報発信していく媒体では
アフィリエイトと並行して情報販売もした方がいいと思いますよ。

その理由は時間の有効活用です。

私の考えですが、1つのものに費やす時間の最小化収益と最大化を考えると、同じ媒体で教材販売とアフィリエイトを並行して行うことは、非常に効率がいいのです。

私はこのサイトだけでなく別の媒体でも属性の違う教材を販売しておりますが
1つの情報発信でアフィリエイトと教材販売をすることは、オススメです。

反対に、
「このサイトはアフィリエイトだけ」「販売者としての情報発信だけ」
このように分けて考えると、それぞれの媒体に注ぐ時間もエネルギーも分散してしまいます。

媒体を1つに絞れるなら、絞った方がいいのです。

「アフィリエイトも販売も両立させるとなると大変では?」
と、あなたは思われるかもしれませんが
私は基本的に放置サイトでのアフィリエイトを推奨しています。

情報発信サイトの場合は、特性上、放置ではなく「半放置」のような形になってしまいがちですが、それでも生粋の更新型サイトであるよりも時間と手間を省けるものです。

軽くなった手間と空いた時間をサポートなどに費やしていけばいいですから、アフィリエイトも情報販売も両立が可能です。

アフィリエイトとは別に収入の柱を増やそうと考えるならば、まず情報販売を視野に入れて取り組んでみましょう。
(私のようにアフィリエイトを放置型にすることもオススメです)

情報販売

情報商材の作成は低額教材から始めてみよう

「情報販売に興味がある、でも大丈夫かな?」

アフィリエイト以外にも収入の柱を持つと考えたときに、最もオススメなのが
アフィリエイトとの親和性が高い情報販売がいいとお伝えしました。

ただ、初めて情報販売を考えるときは、いろいろと不安になるものですよね。

私からの提案としては、安い教材の販売から始めることをオススメします。

低額教材から始めてみよう


販売を行うときは「買った人は満足してくれるんだろうか?」と不安になるものですが
安い教材ならプレッシャーも低いですし、高額教材よりは初めやすいです。

この経験は高額の教材を販売することにも役立ちます。

価格が違うというだけで、教材作成や、教材の提供フローは変わりません。

まずは安い教材の提供から勇気を出して始めてみることをオススメします。

次第に、安い教材の販売ではなく、一定の金額のもので、
メイン商品なるものを扱いたいと感じてくるはずです。

気持ちに無理なく積極的に取り組んでいけると思います。

情報販売にプレッシャーを感じるときは、まずは、
気持ちの負担が低い、低額の情報商材から始めてみてください。

行う時は、販売したい価格帯の教材をいくつか買って、
内容のクオリティをはかっておくといいと思います。

大体のクオリティがつかめれば、そのクオリティを少し上回るものを作れば、
気持ちに余裕が生まれやすいですよ。

ファイル形式と販売形式


教材を作るファイル形式は、PDF、音声、動画などありますが、
まずは作りたい教材に最適な形で作ってみるといいと思います。

PDFと音声、またはPDFと動画など組み合わせて提供するのもいいですね。

そしてはじめはASPを通さず独自販売でいいと思います。

もちろんブログなどの情報発信媒体を持っていないと
見込み客はあなたの教材にたどり着くすべがありませんので
情報発信しながら知ってもらう作業を行うことが必要です。

ネット上には人の教材を批判してブランディングに繋げてる人もいますから
まずはあなた自身の媒体だけで扱う独自販売をオススメします。

教材販売は覚悟の証拠


価格はどうであれ、自分で教材を作り販売するとなると
情報発信にも「覚悟」が出来てきます。

「覚悟」ができてくると情報発信にも力強さが出てきやすいです。

自分の商品を持ったということで真正面から、
ネットビジネスを行うメンタルも整ってきますから、
情報発信に力強さが出てくるのは必然かもしれません。

「教材にしたい事がある。でも少し不安・・・。」

ということであれば、安い教材の販売から挑戦してみてください。


もし興味があればこちらを参考まで。
動画教材を作る(特典作成時も同様)
パワーポイントとBB FlashBackを使って動画スライドを作ろう
パスワードサイトを作る
Basic認証(ベーシック認証)でパスワードサイトを作る方法 基本
その他
お問い合わせをームを設置する(HTML)

ページの先頭へ