「斎藤一人」の記事一覧

斎藤一人

斎藤一人さん 「神はストレートに「幸せ」をくれない」

斎藤一人さんはやっぱすごかった。
(メルマガで好評だったものに誤字脱字+αを修正した記事です。)

こんばんは。大田です。


目の前に「幸せ」だとわかるものが、

そのままあれば、

わかりやすくていいですよね。




ただ現実は、そうでないことばかりです。


「もうかる話」が来たかと思いきや、

「インチキな話」であることもしばしば。


まともな話だったとしても、

すでに市場が飽和状態であったりします。




本当に「もうかる話」の類は、

向こうからチャンスの形をなして、

あなたのもとにやってくることは、

ほとんどないでしょう。



皆がチャンスだという認識のないものを見極められる人が、

先に「幸せ」に繋がる結果を手にする、

または、その結果を手にする可能性を持つのですね。




斎藤一人さんの言葉が深いです。


「外国人がよくね、レモンをレモネードに変えるってんだよな。

要するに、あの酸っぱいものでも

工夫すれば美味しい物になるっていうんだよ。」



「日本人ってすごいよな。梅の酸っぱいやつを、

なおかつ塩に漬けてさ「梅干し」ってのを作ったんだよな。」



「神は「幸せ」に変えるものをくれるんだよ。

ストレートに「幸せ」をくれるんじゃないんだよ。

これをもらったらどうしてこれを「幸せ」にしようか?

それを考える。」




私も含めですが、多くの人が、

「梅」を「梅」としか見ず、

チャンスだと感じる傾向にありません。



しかし昔の人は、「梅」を塩漬けにして、

ご飯によく合う「梅干し」を作りました。


ウィキペディアにも書いてあるように、

いまや「梅干し」は国民食にあたるようです。



酸っぱいレモンを、甘いレモネードにした

外国人もすごいですけど、


改めて、昔の日本人ってすごいですよね。

渋くて酸っぱい梅を、食べられるようにしたのですから。






ここからネットビジネスの話です。


「なかなか売れないんですよね・・・。」

オススメのアフィリエイト教材が売れないという人。


その人のブログを見てみると、サイドバーに、

どのサイトでもお目にかかる教材がズラリです。




これらが悪いと言ってるわけではありませんが、

アン○ミ、ル○ア、シリ○ス、賢○など。

有名ですが、売るものとして「無難すぎ」といえましょう。




これを斎藤一人さんの話に当てはめると、

「梅干し」ばかりを売ってる状態です。


みんながオススメし価値が認められている商品は、

すでに誰かが大量に売ってるわけで、

その分、うま味も持っていかれてるのですよね。


それでもその「梅干し」を売ろうと思えば

先行者に挑むだけの覚悟が必要になります。



また、「梅干し」に「売る」以外の活用方法を見出し

情報発信をしているなら別ですが、


それどころか「梅」を探さず、「梅干し」を売る覚悟も持たず、

「梅干し」を売ることに終始するだけというのも考えものです。




チャンスは「誰もがチャンスとわかる形」を成していません。

多くの人が「チャンスだ」と気づく前にやるべきことをやった人が

「幸せ」に繋げていくのだと私は考えています。





ここで、ちょっとしたテストです。



アフィリエイト系ではありませんが、

あなたはこの教材を、どう思いますか?

http://**************
(メルマガのみ公開)

アフィリエイトリンクじゃないので踏んでください。



よく読んでみると・・・

1.**********

2.**********

3.**********


買った人にリスク無いですね。

中身は知りませんが

この点のオファーは強い教材だと思います。




ただ・・・、

ですよ?


ネット上を見渡してもほとんどのアフィリエイターが

「梅」を「梅」としか見ていないような、レビューばかりです。


その理由はセールスレターが

「梅だから」

としか言いようがありません。(笑)




一見すると、

チャンスだと感じにくいレターです。

ただ、よ~く読んでみると・・・

なのですよ。(笑)



懸念されることとしては、

指示された*****の

*****ですね。


どういった形式で

「*****てください。」と、

****をしているのかがやや不明確です。


********もあるでしょう。

そこは事前に販売者に聞いてみるなり、
そういった手間はありますね。


「梅干し」にするには手間も必要です。

「梅」は元々「梅干し」という形を成していないのですから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こういう教材って、世間で「梅干し」扱いされている商品ではなく、

ASPの中で「梅干し」になりそうな「梅」を探す意識で、

自発的に探してみると、意外とあるものですよ。



最後に、もういちどお伝えしますが、

チャンスは「誰もがチャンスとわかる形」を成して

目の前に現れることは「無い」といってもいいです。


あるとしたら繋がりを大切にしている富裕層くらい。



ではまた!

大田

斎藤一人

斎藤一人さん 「指導霊の付けかた」

斎藤一人さんはやっぱすごかった。
(メルマガで好評だったものに誤字脱字+αを修正した記事です。)

こんばんは。大田です。


「目標設定」・・って、

ネットビジネスをしていたらよく聞きますよね。



「目標設定」とは簡単に言えば、

「やりたいこと」や「ありたい姿」を描き、

計画と期限を決めて行動していくことです。



簡単すぎる説明で申し訳ありませんが、
つまりはそういうことです。(笑)




ただ、この「目標設定」は理屈ではわかっていても

人によってフォーカスする場所が違っていたり、

頭の中での「意識の仕方」に違いが出たりします。



「目標」を決めたはいいけど

目先のことにばかり意識が向いて

辛くなったり、


「目標」には関係のない、

どうでもいいことからやってしまったりと

人によってつまづく場所も変わってくるものです。


ですのでこの「目標設定」は、

言葉での説明で理解するだけでなく

意識の仕方も大切といえるはずです。


私も偉そうに言えることではないのですが。(汗)







さて、相変わらずPC作業をしながら

YouTubeの動画を流し聞きしているのですが、


先日、また斎藤一人さんの音声を聞きながら

仕事をしていました。



斎藤一人さんは「神様」や「霊」の話が多く

スピリチュアルとか宗教っぽさがあるので

以前はちょっと・・・距離を置いていましたが、


「ビジネス系」の話は

めちゃくちゃ参考になることが多いです。



今回はビジネス系というよりも、

「霊」という言葉があるので

やや、スピリチュアルっぽい?かもしれません。



斎藤一人さんは
なんと言っていたのか?

というと・・・


「指導霊っていうのがいる。

指導霊っていうのは「プロになろう!」としたときにつくんだよ。

才能がどうのこうのではない。決めて一生懸命やり出すと、
この人が食って行けるように「指導霊」がついて指導してくれるの。

だから大工とかになるとちゃんと家を建てられるようになるの。
わかるかい。ちゃんと一生懸命やってると食えるようになるの。

で、「指導霊」が付くには条件が2つある。

これで食っていくんだ!っていう「覚悟」。
それから「一生懸命」やる!

「自力の後に他力あり」って言って、
まず自分で一生懸命やるの。へたくそでも。

そうすると、指導霊がつくのね。
で、もっと頑張るともっといい指導霊がつく。

その変わり、趣味でやっている程度の人にはつかないんだよ。(指導霊が)」




この言葉、言ってみれば

はじめにお伝えした目標設定のようなものですよね。



「これをやるぞ!」という絶対的な覚悟。

そして一生懸命に取り組む。


そうやって「自力」で取り組んでいると、

「他力」として「指導霊」がつき、

その「指導霊」がいろいろと教えてくれる・・・



ということです。


いろんな人の「助け」も呼び込まれてくる、

そういうことも斎藤一人さんの言葉の中には

含まれているかもしれません。






「指導霊?なんだそりゃ。」

そうあなたは思うかもわかりません。


私もはじめそう思いました。(w)




ただ、この「霊」というのは

「斎藤一人さん流の表現」です。


いろんな音声を聞いていればわかりますが、

「神」も「霊」も

斎藤一人さん流の「表現」ですね・・・。






私、ひと昔前に、

脳機能学者の「苫米地英人」さんの本を

読み漁っていたことがありまして

(ネットビジネスでも名前が挙がりますよねときどき。)



この苫米地さんのいう脳機能的な観点から

「斎藤一人さんの指導霊」の話を説明すると、

まず「最初にゴールを決める」という話で

説明がつく感じです。





苫米地さんの話でいうと、

ゴールを先に決めてゴールの世界の臨場感を高めれば

そのとき重要だと思った情報以外を遮断する機能(RAS)で生まれていた

盲点(スコトーマ)が外れて、目標を達成する方法が見えてくる・・・

またはいいアイデアが浮かんでくるといったことです。



あなたも興味があれば「苫米地」さんの本をAmazonで買ってみてください。

「まずは親を超えなさい!」がオススメです。





最後に、


斎藤一人さんのいう「指導霊が教えてくれる」は、

苫米地さんの脳機能的な観点で言うところの脳の仕組み、

つまり盲点が外れたら「自分でいろんなものが見えてくる」、

「アイデアが湧いてくる」といったこと、

またはそれに近いことだと思います。




ただ違うのは、

斎藤一人さんの場合は「自分以外の誰かが教えてくれた」という位置づけ。

苫米地英人さんの場合は「脳の仕組み」「脳の機能」といった位置づけ。



斎藤一人さんの考え方を取り入れると、

「自分以外の人が教えてくれた。」ということで

「感謝の気持ち」が湧いてくるかもしれませんし、

「いい指導霊が付いて俺はついてるな。」と

気分も良くなるかもしれません。





苫米地さんの考え方を取り入れた場合は、

「俺ってすげえ」と「俺の脳すげぇ」と、

自信を持つことに繋がるかもしれないですね。



どちらを取り入れるか、

またはどちらもバランス良く意識するかは

あなた次第かと思います。



ネットビジネスを行う際にも

意識しながらやると良いかもしれませんです。


その時の感情って文章に出やすいので・・・。

斎藤一人

斎藤一人さん 「1円玉を助けよう」

斎藤一人さんはやっぱすごかった。
(メルマガで好評だったものに誤字脱字+αを修正した記事です。)

こんばんは。大田です。

ここ数日、スピリチュアルな人の言葉を現実的に考えると

「すっごく勉強になるよ」といったお話しをしています。



前回は「ウンコ」の話でしたので

非常にわかりやすい話だったのではないでしょうか?




今日がとりあえずの「最後?」になるか

それはわかりませんが、




斎藤一人さんの言葉をもう一つ、

ご紹介したいと思います。


YouTubeのある動画(音声)で

こんなことを仰っていました。




あるとき、道路のスキマに挟まっていた1円玉を

ほじくり返して拾ってきたことがあるそうです。


そんな経験から語られていた話なのですが、

1円玉を助けると、5円玉がお礼を言いにやってくるそうです。


そしてその5円玉を大切にしていると、

今度は10円玉がお礼を言いにやってくるそうです。


そして50円玉、100円玉と大きくなっていって、

最終的には1万円がお礼を言いにやってくるそうです・・・。




これは何を意味しているのでしょう?


わかりますでしょうか。







私?


わかりません。(w)



ただ私が思うに、

これはあくまでも比喩表現だと思っています。




スピリチュアルな印象を持っている人の言葉は、

比喩表現であるのに

それをまっすぐに受け止めがちになってしまうため

スピリチュアル風に感じてしまいます。



極めて不思議極まりないことと、

感じてしまうことが多いものです。



現実的に考えて比喩表現だとわかれば

理解しやすくなるかもしれません。






私の解釈はこうです。

あくまでも私の解釈なので、

話半分で聞いていただければ。




私もやっている「電脳せどり」でお伝えしますと、

はじめから1万円の儲け狙いで取り組んでも、

なかなかうまくはいかないものです。



はじめから1万円という大きなお金を得たいがために取り組んでいると

結局なにも進まず、1万円を得ることはできないもの。


事実そうです。

何もやっていない状態、売った経験もない状態だと、

1万円の利益が出そうな物を見極めるのも困難です。



便利なツールを使って1万円の価格差があるものを見つけても、

「これが売れるかどうかわからないしな・・・ライバルも多いし」

なんてところで尻込みするか、ネガティブに考えてしまい、

仕入れそのものに勇気とエネルギーを必要とします。


もしくは、途中で疲れて、結局やめてしまうでしょう。




モノレートを見て、ボチボチ売れてるとわかるものでも、

高額の商品を仕入れることに抵抗を感じてしまいます。


たとえ「電脳せどり」のように

売れてから商品を仕入れることでもです。




しかし、安いものからでも「売った経験」を積んでいるなら別です。


経験を積んでくると、売れるかどうかの判断が、

何もしていない状態よりも、磨かれてきますよ。



1000円、2000円の利益が出そうなものにも取り組んでいると、

システムや流れにも慣れている分、その分、楽になります。


使うエネルギーも少なく済むため、

ストレスも軽減されていきますよね。





1000円、2000円なんて利益のものにも取り組んでいると、

「もっと利益の出るものはないか?」と

思うようになるのは当然のことです。


3000円、5000円の利益の商品にも、積極的に取り組んでいけます。



3000円の利益が出る、仕入れ値が1万円の商品も、

1万円を払って仕入れることに慣れてしまえば、

5000円の利益が出る商品を

1万円で仕入れることが普通にできるのも、また当然ですよね。




「3000円の利益しか出ないしな~」と思って、

1万円の商品を仕入れることを経験していないと、


5000円の利益が出るものを見つけた時に

1万円を使って仕入れることに抵抗を感じてしまいます。



1万円を払って仕入れることに慣れていれば

ストレスなくスパッとできるのに・・・。





「そんな利益の商品あるの?」

あります。専門書とか。


(本以外だとやってないのでわかりません。)



話を戻しますが、

要は小さいお金を扱うことを避けていては

大きなお金なんて扱えないということです。


大きなお金を扱えるとその分、

大きなお金が入ってくる確率も上がってきます。


(あくまでも「確率」ですね。)




小さなお金から扱うことは、それほど難しくありません。

そして何より、流れを生み出していくことが出来ます。


小額でも「お金の流れがきている」ことで、

「いまいい感じに上手くいってるぞ」という意識にもなります。




斎藤一人さんも

「上手くいっていることに意識が向いていく。

上手くいっていることに意識が向いてくると

流れに乗ってきていると感じるようになる。」



みたいなことを

とある音声でも言っていたような覚えがあります。


(これを苫米地さんの言葉で言うとスコトーマの話で説明もできますよね。)




今回は、上手くいっている流れができてくると、

1万円札も、お礼を言いに、

向こうからやってくるという話でした。



小さなお金を軽く扱わない、

むしろ小さなお金を扱うことでも流れを作ることはできるし、

そこで得られた経験が、1万円を得ることにも生きてきます。



はじめから1万円を得ることばかりを考えていると、疲れますよ。

疲れて何もできず、結局は「あきらめて試合終了」です。


そんなところではないでしょうか・・・。





斎藤一人さんの話は1円からの話ですが、

1000円からでも同じことと、思います。


と、私の解釈は以上のようなところですね。




斎藤一人さんは、

「そんなことを言ってるわけじゃない」と言うかもしれません。


しかし、いきなり大きな金額を狙っていかないということで

「そうとも言える」、

電脳せどりの話も大いに当てはまるとも言えるはずです。



あなたがネットビジネスで大きな金額を狙っていて、

「なかなか成果が出ない」という場合は

なにか参考になればいいのですが。




それでは!


大田




追記


売れだして流れが出来てくると、

「このまま突っ走っていいのかな。」

と、なぜか不安になることもあるはずです。



いくつか前のメルマガでも書きましたが、


自分にブレーキを踏んでしまわないように、しかし

「魔物は有頂天に住んでまっからな。」

この言葉も、心のどこかに置いておきながら、

バランス感覚を持って、

取り組んでいくことが大切ではないかなと思います。

斎藤一人

斎藤一人さん 「つまりは税金ってウンコと一緒なんだよ」

斎藤一人さんはやっぱすごかった。
(メルマガで好評だったものに誤字脱字+αを修正した記事です。)

こんばんは。大田です。

なぜ珍しくメルマガを立て続けに出しているかというと、

アウトプットしておきたい事が沢山あるからです。



出すものは出しておかないと、

気分が悪くなります。


それはウンコも一緒ですね。

我慢してたら体調が悪くなります。




「お、久しぶりにウンコ発言したね!」

はい、今日のメルマガは「キレ」が違いますよ。





先日、斎藤一人さんなどの

「スピリチュアルっぽい人」の言葉を

現実的に置き換えて考えると、

いろんな学びがあるとお伝えしました。




スピリチュアルな人の言葉って、

ボヤ~っとしてて、掴みどころがないため

同じくボヤ~っと聞き流してしまいやすいです。



しかし現実的に考えると、

非常に役立つことを言っているケースが

多々あります。




前回のメルマガでお伝えしたように、

「全身をピカピカにしなさい。」

という言葉は、


私たちネットビジネスに取り組んでいる人にとってはご存知、

かつての「ネオ○ルズ族」の人たちがやっていたこと、まんまですよね。




まぁいいのですが、

本題の「ウンコの話」をしますと、

斎藤一人さんはこう仰ってました。



「俺は納税日本一になったこともあるけど、

そのくらい、税金を払うこともいとわないんだよ。

ウンコと一緒で、食べたものは出すようにしないと、

食べられなくなっちゃうんだよな。

お金が入ってこなくなっちゃうんだよ。」




この言葉、私としてはかなり腑に落ちるところがあります。


税金を払いたくないばっかりに、

つまり、お金を外に出したくないばっかりに、

無意識のうちに、

稼ぐことに対してブレーキを踏んでしまうのです。



以前どこかでお伝えしましたよね。





このメルマガを読んでいるあなたも

経験したことがあるのではないでしょうか?


もしくはこれからかもしれません。


税金を払いたくないばっかりに、

稼ぐことに消極的になってしまうことがあるのです。



確定申告でバタバタしている時期ですが、

あなたも無理やり、税金を払わないようにと

つまりはウンコが出ないように出ないようにと、

頑張っていませんか?




我慢していてもなぜか臭ってきますよ。

それを嗅ぎつける士業の方はいるものです。


素直に「フン!」(ウンコだけに)と出しましょう。










というわけで、

やっぱり斎藤一人さんってすごいなと。


YouTubeの音声を聞いていて

思ってしまうのであります。





あなたは「苫米地英人」さんという脳機能学者の本を

読んだことがあるかもしれません。


このメルマガでもときどき名前を出していますし。



その苫米地さんの本で言われている

スコトーマ(盲点)や

コンフォートゾーン(快適空間)の仕組みで

説明がつく話もあります。



やはり斎藤一人さんの話は、

「スピリチュアル系でそれっぽいことを言う人」

として、なんとな~く聞くのではなく、

現実的に理解を深めるべき話が多いように感じます。




が、

ときどき、



「宇宙にはたくさんの星があって、

「色白ムッチリTバック星」というのがあるんです。

あるとき「色白ムッチリTバック星」の人に俺はさらわれて

その異星人とイイことをするか、でなければ地球を滅ぼすと

脅されるんです。

そこで仕方なく「色白ムッチリTバック星」の人と、

俺はイイことをするんです。」



と、単なるフェイクの話もあるので、

真面目に聞かないよう注意が必要な話もあります。(w)




こんな話をすることも、幸せに、楽観的に生きるために

必要なことではあるんでしょうけどね。



時間があったらスマホででも

聞き流してみてください。


必ずなんらかの学びがあるはずです。




それではまた!


大田




「スピリチュアルな人で他にオススメの人いますか?」

といったお問い合わせをいただきましたが

これは好みもありますので何ともいえませんが、

私は秋山眞人さんという方の動画もよく見ます。


TVタックルの超常現象対決で有名かもしれません。(笑)



ただ、この方もビジネス系のコンサルタントをしている方ですので、

現実的な話として聞いてみると勉強になることが確かにある人です。



「仕事が終わってからの営業をしないお店は長続きしない」

そういった話とかですね。

斎藤一人

斎藤一人さん 「全身をピカピカにしなさい。」

斎藤一人さんはやっぱすごかった。
(メルマガで好評だったものに誤字脱字+αを修正した記事です。)

こんにちは。大田です。

スピリチュアルってどう思いますか?



私は嫌いではないです。

それっぽいことを言う人は苦手ですが、

スピリチュアル自体は嫌いではないです。




「なんもしたくねー。」


そんな夜に、横になりながら、

YouTubeでスピリチュアルな音声を

聞いたりしていますから。

(どちらかというと耳触りのいい「スピリチュアル」ではなく「オカルト」の方が好きです。)



私はこの方の「ファン」というわけではないのですが

斎藤一人さんっていますよね?


納税者番付で日本一になった人。




YouTubeにたくさん動画が上がってるのですが、

斎藤一人さんの話すことって、

どことなくスピリチュアルっぽいところ、

ありませんか?



神様の話とか

宇宙の話とか。


私にとってはよくわからない話が多いです。





でもよく聞いてみると・・・、

極めて現実的に思える箇所も実はあります。



特に「ビジネス系」の話がわかりやすいですよ。



例えば、

斎藤一人さんがしていたお話で、


「お金持ちになりたければ頭の先から足の先までピッカピカにしなさい。」

「ロレックスを付けなさい。」

といったことがあります。


あなたも一度は、聞いたことがあるのでは?




ひと昔前、ネットビジネスで

まさにそんな人たちがいましたよね。



「ネオ○ルズ族」系の人たちが代表的ですが、

めいっぱい、成功者アピールしていた人たちがいました。


彼らは頭の先から足の先まで

ピッカピカです。




斎藤一人さんいわく、

「いまの人たちは誰が成功しているかわからない。

誰が儲かっているかわからない。

わかりやすく、儲かっているように見せなければいけない。

その人を選んでおけば間違いないと思われるから。」



といったようなことを仰っています。



いま ” ネットビジネス系の中で ”

そんな成功者アピールをしても、

「なんだかなー」という感じなのですが、

取り入れるべきところは取り入れた方がいいこともあります。



「全身をピッカピカにしなければいけない」

この言葉が何を意味しているかは、

ネオ○ルズ族の人たちを見てきた人にとっては、

わかる気がしますよね。




「ロレックス」に関しては、

誰もが価値を認識しているような、

わかりやすいものでなければ

ならないそうですよ。


どれだけ金額が高くても、

誰も知らないようなブランドでは効果が薄いそうです。


こちらも何となくわかるような気がしますわよね。三3





一見、スピリチュアルのような

ボヤ~っとした言葉に思えても、


現実的なことに当てはめて考えてみると

腑に落ちることも多々みつかってきます。



・アフィリエイト作業をするとき、

・少し休憩したいとき、

・なんにもしたくないとき()


スピリチュアル系の人が語る言葉を、

現実的な意味合いで考えてみてください。


なにか役にたつことを、

言ってるかもしれません。





ちなみに

スピリチュアル系といっても外国人の場合は、

その人が本来伝えたい事と

翻訳する人の捉え方が違う場合がありますので

あまりオススメできません。


日本人が喋っているものがいいと思います。




(あえてオススメするなら王道のバシャールでしょうか。好き嫌いはあるでしょうが。)


ではまた!


大田

ページの先頭へ