あなたのサーバーで、独自にメール配信を行う場合やステップメールのシステムを設置するときに、考えなければならないこと。

それがレンタルサーバーの「メール送受信数」です。

注意すべきは、各レンタルサーバーが提示している「メール送受信数」は、契約しているレンタルサーバーで配信する” すべての ”メール送受信数であって、特定のドメイン単体でのメール送受信数ではありません。

これを勘違いするとすぐにメール配信数の上限を超えてしまうので、くれぐれも「メール送受信数」には注意してサーバーを利用しましょう。

もうひとつ、ランキング形式にして表示しておりますが、あくまでもメールの送受信数で表示しております。使用用途はよく考えて行った方がいいと思います。

メール・ステップメール配信にオススメなサーバーランキング


※最終更新2016/03/19/

1位 コアサーバー


費用対効果の高いサーバーとして有名なコアサーバー。転送量が低くてガッカリでしたが、このメール送受信数は多めです。
CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(7日間)
プランCORE-MINICORE-ACORE-BCORE-C
メール送受信5,000通/日10,000通/日40,000通/日120,000通/日
費用(税込)
※12ヶ月まとめ払い
2,571円5,142円10,182円41,040円

独自メール配信や、ステップメールを配信しようと考えているころには、すでに、このサーバーを使いこなせるスキルは身に付いているはず。
これを機に、積極的に使っていきたいサーバーです。

コアサーバーは費用が安いので、スパムメールを送る目的で利用する人も多いという噂もあります。(汗)

コアサーバーの「CORE-B」「CORE-C」プランでもかなりの送受信数です。迷う所ではないでしょうか?

ただ、メールを送っていたサーバーのIPアドレスが、GmailやYahooメール、そしてOutlookなどのメールサービスにスパム判定を食らってしまうと、ドメインかサーバーそのものを変更しない限り、メールが届かなくなってしまう危険性もあります。

利用用途に応じて、サーバーを分散するなどの工夫が必要になってくるかと思います。

2位 エックスサーバー


メール送受信数は、1,500通/時間 15,000通/日 全サーバー共通となっています。個人で配信する分には十分かもしれません。
エックスサーバー 10日間無料お試し
プランX10X20X30
メール送受信1500通/時間 15000通/日
費用(税込)
初回手数料込
※12ヶ月まとめ払い
16,200円29,160円55,080円

ステップメールを複数設置している場合は、時間をずらして配信するなど、ちょっとした工夫を入れた方がいいかと思います。

3位 ロリポップ


こじんまりとしたメールマガジンやステップメールならいけそう。
ロリポップ! 無料お試し10日間
プランエコノミーライトスタンダードエンタープライズ
メール送受信100通/時間
1,000通/日
300通/時間
3,000通/日
1,000通/時間
10,000通/日
1,000通/時間
10,000通/日
費用(税込)
初回手数料込
※12ヶ月まとめ払い
2,916円4,860円8,100円29,160円

ただ、どうせメルマガ配信するなら・・・別のサーバーで思い切ってやることをオススメします。

4位 さくらサーバー


さくらサーバーはメルマガ配信に向いてませんね・・・。
さくらのレンタルサーバ 2週間無料お試し
プランライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロ
メール送受信【禁止事項】
・アフィリエイト目的でのメールマガジンやメール
・アドレス販売業者等から送信先リストを取得してのメールマガジン
・大量メール送信を目的としたプログラムを用いて配信されるメール
費用(税込)
初回手数料込
※12ヶ月まとめ払い
2,572円6,171円16,457円30,856円51,428円

サーバー設置型のメールシステムを使用するのも、規約に触れそうです。

どこまでが「アフィリエイトを目的としたメール」か?
どこまでが「大量メール送信を目的としたプログラムを用いて配信されるメール」なのか?

判断基準があいまいですが、あなたが「違う!」と言っても「さくらサーバー」側がどう判断するかはわかりません。

独自メルマガ配信やステップメールを利用する場合は「さくらサーバー」はやめときましょう。念のため。

外部サービスとの連携


以上のように、それぞれのサーバーには「メールの配信数」に限界があります。

ということは、ろくにメールを読んでもいない人を、メルマガに登録したままにしておくのは、配信数の制限を考えると、もったいない事ですね。

読んでいない人への無駄な配信を抑えるために。その対策も考えておいた方がいいかもしれません。

著名な人が行っているやり方として、配信数に制限のない「まぐまぐ」から、多数に向けてメルマガ配信しつつ、そこからアクティブなユーザーだけを、独自メルマガに誘導していくという戦略があります。

「裏メルマガ」という形でやっている人がいますが、上手いやり方ですよね。

外部サービスである「まぐまぐ」に登録されることは、昔と比べて難しいですが、発行申請が通れば理想的なメルマガ運営ができそうです。

メール送受信数には大きく余裕を持たせる


独自メルマガやステップメールを発行するのであれば
サーバーの「メール送受信数」には大きく余裕を持たせましょう。

「メール送受信数」の低いサーバーでメルマガ運営しようとすると、
あなた自身にメンタルブロック()がかかって
リストを取りに行くことに消極的になってしまうかもしれません。

消極的な意識は、あなた自身も気づかないくらい、無意識のうちに、
行動のひとつひとつ、選択のひとつひとつに影響が出てきます。

「メール送受信数」には大きく余裕を持たせて、メルマガ運営をしていくことが大切になってくると思います。

● エックス、コア、ロリポップ、さくらのスペック表
1/5 【初心者向け・見直し】レンタルサーバーの選び方
2/5 ワードプレスなどMySQLの使用に向いているレンタルサーバー
3/5 動画や音声配信に向いているレンタルサーバー
4/5 メールやステップメール配信に向いているレンタルサーバー ←今ココ
5/5 複数のサイトを所有することに向いているレンタルサーバー

オマケ
はやく稼ぐならレンタルサーバーは有名なとこだけを選んだ方がいい
海外のレンタルサーバーは使わなくてよし