通常、1つのレンタルサーバーには複数のドメインを割り当てることができます。

http://aaa.com などのドメインを1つ買ったからと言って
http://bbb.com という2つ目のドメインを取ったら
サーバーもその都度契約していかなければいけない・・・。

そんなわけではないのです。

レンタルサーバーを1つ申し込みしたら、そのサーバーの
「マルチドメイン数」で制限された分だけ、
http://aaa.com などのドメインを取得し設置できます。

私の利用しているサーバーのみですが、
「マルチドメイン数」の比較をしていきたいと思います。

マルチドメイン数で選ぶレンタルサーバーランキング


※最終更新2016/03/19/

1位 エックスサーバー


全プラン共通で「マルチドメイン数」が無制限です。
エックスサーバー 無料お試し10日間
プランX10X20X30
マルチドメイン数無制限
費用(税込)
初回手数料込
※12ヶ月まとめ払い
16,200円29,160円55,080円

ワードプレスで使用する「MySQL」の数にはどのプランも制限があるので
「MySQL」を使用しないHTMLサイトであればデータ容量の許す限り使用していけますね。
サーバーそのものも高機能なため、長く安心して使っていけます。

2位 コアサーバー


「CORE-MINI」のみ、マルチドメイン数は50。他の上位プランはすべて無制限。
CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(7日間)
プランCORE-MINICORE-ACORE-BCORE-C
マルチドメイン数50無制限
費用(税込)
※12ヶ月まとめ払い
2,571円5,142円10,182円41,040円

サイト運営に慣れてくればコアサーバーを利用する機会は増えると思います。

「CORE-A」「CORE-B」「CORE-C」プランなら、マルチドメインとワードプレスに必要な「MySQL」の利用が無制限ということで、サーバーに、サイトを何百も詰め込む人がいるようです。(汗)

しかしそれでは、もし、サーバーダウンでもした場合にリスクが大きすぎます。リスク対策として「CORE-MINI」にもサイトをいくつか分散しておくのがオススメです。

また、コアサーバーでサーバーを複数契約する場合に、
サーバーの番号は遠く離したほうがいいですね。

「アカウント名@m10.coreserver.jp」というサーバーを契約した場合に、「アカウント名@m11.coreserver.jp」や「アカウント名@m12.coreserver.jp」などと、近しい番号のサーバーを契約しないほうがいいです。近しい番号のサーバーは、サーバーダウンする時も同時にダウンしやすい傾向があるからです。

仮に「アカウント名@m10.coreserver.jp」というサーバーを、あなたが契約していたとして、次にまたサーバーを契約したいと思ったら、「アカウント名@m30.coreserver.jp」など、番号を離して契約することをオススメします。

3位 ロリポップ


サーバーは増強されたものの、マルチドメイン数はそのままですね。
ロリポップ! 無料お試し10日間
プランエコノミーライトスタンダードエンタープライズ
マルチドメイン数20個50個100個無制限
費用(税込)
初回手数料込
※12ヶ月まとめ払い
2,916円4,860円8,100円29,160円

私は最も安いエコノミープランにHTMLサイトだけを複数突っ込むという使い方をしております。「ロリポップではワードプレスを使わない。」と割り切っての使用方法ですね。

4位 さくらサーバー


「マルチドメイン数」は全体的に少しさびしい感じです。
さくらのレンタルサーバ 2週間無料お試し
プランライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロ
マルチドメイン数2020304040
費用(税込)
初回手数料込
※12ヶ月まとめ払い
2,572円6,171円16,457円30,856円51,428円

はじめは「ロリポップ」か「さくらサーバー」でサイト運営を学んで、サイト数が20前後に増えてきたときは、コアサーバーやエックスサーバーでのサイト運営も考えていくようにしましょう。

ワードプレスなどのCMSを使ったサイト運営も同時に考える


サーバーの「マルチドメイン数」は、複数のサイトを運営する方にとって、大事なポイントです。

「複数のサイトを持ちたい。」と思っていても、レンタルサーバー側のマルチドメイン数を超える数のサイトは、持てないからです。

そして、ワードプレスなどのCMSを使ってサイト運営する場合には「MySQL」が利用できる数も、同時に重要なポイントになってきます。

どのサーバーがいいか?じっくり検討することが大切です。

レンタルサーバーの申し込みが初めての場合は、
ロリポップのスタンダードプランを。

サイト運営も慣れてきて、より高性能なレンタルサーバーを使用したい場合、費用があるならエックスサーバー。
費用を抑えたいならコアサーバーが無難でしょう。

● エックス、コア、ロリポップ、さくらのスペック表
1/5 【初心者向け・見直し】レンタルサーバーの選び方
2/5 ワードプレスなどMySQLの使用に向いているレンタルサーバー
3/5 動画や音声配信に向いているレンタルサーバー
4/5 メールやステップメール配信に向いているレンタルサーバー
5/5 複数のサイトを所有することに向いているレンタルサーバー ←今ココ

オマケ
はやく稼ぐならレンタルサーバーは有名なとこだけを選んだ方がいい
海外のレンタルサーバーは使わなくてよし