HP制作の仕事をしたいけど、
どうやって契約まで持ち込めばいいのか?

「契約まで持ちこむ会話術なんてのがあれば知りたいな~。」

アフィリエイター以外にもHP制作をはじめたいと考えるあなた、
そんなことを考えたことはありませんか?

(考えてない方はスルーで)

人はときに、まったく見当違いの悩みを抱えてしまうことがあります。


ネットで検索しても、答えが見つからない
本を探しても、詳しく解説している本がない。

そんなときは、あなた自身の疑問そのものを疑ってみましょう。


メルマガでHP制作の話をしていたころ、
「契約を取るためのセールストークってどんな感じですか?」

こんな質問を1通いただいたことがありました。


実はこれ、あまり意識しなくていいところです。

HPを作りたいと考えている人と出会ったら、
その方の話を聞いてあげる、もしくは
相談に乗ってあげるという姿勢でいてください。

欲をいえば、あなたの心に

「別に仕事が欲しいわけじゃないけど。」

と、そのくらいの余裕があった方がいいです。(笑)

アフィリエイトで一定の収入があれば、
自然とそんな余裕も持てるはずです。




言ってる私も、実は、人さまのHPを
作る仕事がしたいと考えるようになったとき、
同じことを考えたことがあるのです。

「契約まで持ち込むセールストークが知りたい。」
「できれば実録でリアルな様子をみたい。聞きたい。」
「誰か販売してる人はいないか?」

恥ずかしながらそう考えていました。


一定の関係を持てた業者さんに対して、
「契約時の様子が見たいです。」

と質問してしまい、
「?」の表情をされたこともありました。(汗)


運よく年商10億の社長さんとお話しできたときに

「セール時の様子をなんとか見れる機会はないでしょうか?
どんな会話で契約まで持っていっているのか?それが知りたいんです。」

といった質問をしたこともあります。

当然、「なんで?」と露骨に不思議がられました。


今となっては本当に恥ずかしい経験です。(汗)

見当違いの悩みを抱えていたことに、
私自身、気づきもしてませんでした。



これは恋愛に置き換えるとわかりやすいかなと。


明日はデート。そんなとき、

・どんな話題で盛り上がるか?
・デート中にはどんな話題で盛り上げるか?
・○時頃になったら昼食で何を食べる?
・その時にどんな会話をする?

これらを事細かく考えてしまいがちです。

デートなんて会話の内容を事細かく、事前に考えても、
その通りに事が運ぶわけがありません。

慣れないころは、ネットで見つけた「口説きの会話スクリプト」なるものを
一晩中、暗記する男性もいるかと思います。

モテる男性に言わせれば、
「会話?んなもんテキトーだよ。(笑)」
こんな感じなのに。

(この”テキトー”にはいろんな意味が含まれてますが)


これと同じことを、HP制作がはじめてのとき、やってしまいます。

「このように事を運べば契約までいきそう。」な、
会話テクニックなどを探してしまうのですね。

実際は、親身になって話を聞いてあげる、
相談に乗ってあげる、そんな感じで十分です。

聞き上手、または話させ上手を意識し、相談に乗ってあげて
相手さんの悩みや、実現したいことを聞いてあげてください。

そしてあなた自身のネット経験、現在のネットの傾向などを考慮し
ぴったりなアドバイスをしてあげる感覚でいいかと思います。


恋愛において、好きでもない子に好かれる現象。

それはあなたの気持ちに余裕があり、
その余裕と自信を持って接することができるから、
好かれてしまうという点が大きいでしょう。


仕事でも、特に必死になって契約を取りたいとは思わない。

そんな心の余裕が相手さんに伝わり、
最終的にお願いされることはあるものです。

凝った会話術や会話スクリプトは必要ないです実際は。。。


↓そしてもしかしたらあなたは
こういうイメージを持っているかもしれませんが、
kaiwase

すべてがそうしなければいけないわけではありません。

むしろはじめから、スーツをばしっと着こなして
契約を取りに行くようなスタイルはハードルが高いと思います。

私の場合はこれまでお伝えしたように
「近所の兄ちゃん」的な感じで人に関わっていくので
もっとカジュアルな感じで行っています。

そしてそのようなスタイルが許容される人、
許容される関係の人の相談を受けます。

スーツを着ることなんてほとんどないっす。(汗)