今回は最も基本(ベーシック)なパスワードサイトの
構築方法をお伝えします。

名前もそのままBasic認証(ベーシック認証)。
あなたも見かけたことがあると思います。

以下のように「ユーザーID」と「パスワード」を入力し
パスワードサイトに入室するようなサイトです。
ba01

コアサーバーに設定する例でお伝えします。作り方は簡単です。
例えば、
http://pass.com/ というドメインをあなたが所有している場合、
http://aaa.pass.com/ というサブドメインを作成し
このサブドメイン内を、丸ごとパスワードサイトにするとします。

まずメモ帳を起動し
.htaccess と .htpasswd

この2つのファイルを作ります。
ba02

.htaccessの設定

.htaccessには以下を書き込みます。
AuthUserFile /virtual/アカウント/public_html/ドメイン/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName MembersOnly
AuthType Basic
require valid-user
<Files ~ "^.(htpasswd|htaccess)$">
deny from all
</Files>
「アカウント」にはパスワードサイトを設置するサーバーのアカウントを。
yamada@m10.coreserver.jp としてサーバーを借りていたとすれば、
yamadaの部分が「アカウント」になります。

「ドメイン」にはパスワードサイトにするドメインフォルダを
http:// を抜いて入れてください。
http://aaa.pass.com/というサブドメインを
パスワードサイトにしたい場合はaaa.pass.comと入れて保存します。

お伝えしたように「アカウント」がyamada
パスワードにするドメインがaaa.pass.comだった場合、
AuthUserFile /virtual/yamada/public_html/aaa.pass.com/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName MembersOnly
AuthType Basic
require valid-user
<Files ~ "^.(htpasswd|htaccess)$">
deny from all
</Files>
このようになります。

.htpasswdの設定

続いて、
.htpasswdには設定したいパスワードを書きます。
もっと複雑なパスワードにすべきですが、
とりあえず例として以下のように設定するとします。
ユーザーIDは 12345
パスワードは abcde

こちらのサイトにアクセスしてください。
ba03


好みのユーザーIDとパスワードを入力して「生成」を押します。
ba04

.htpasswd覧に出てきた文章をコピペして
ba05

.htpasswdにそのまま貼り付け保存します。
ba06

続いてFTPソフトで「.htaccess」と「.htpasswd」の2つのファイルを
パスワードサイトのトップにアップしてください。
ba07

「.htaccess」と「.htpasswd」の「txt」部分を削除します。
右クリックで「名前を変更」を選んでください。
ba08

「.txt」だけを消します。
ba09

あとはindex.htmlファイルなど、
パスワードサイトに必要なファイルを一式、
同じ場所にアップするだけです。
ba10

これでベーシック認証を使ったパスワードサイトは完成です。
実際に設置したURLにアクセスして確認してみてください。

今回使用した「.htaccess」と「.htpasswd」のテキストファイル、
そしてindex.htmlファイルも念のためダウンロードできるようにしておきます。
ダウンロード

Zipを解凍し「アカウント」と「ドメイン」をあなた専用に書き換え、
パスワードは先ほどの外部サイトで作成し書き換えて使用してください。