– 流失に強いパスワードサイトを作る –

あなたの提供する価値あるコンテンツはユーザーに対してどのように配布していますか?

有料教材・特典・講座などをPDFや音声で配布すると
ファイルそのものが流出してしまう可能性があります。

あなたの有料コンテンツ(情報商材の特典も含める)が
第三者の目に触れてしまうことは避けたいところですよね。

「コンテンツはパスワードサイト内で観覧させたい!」
さらに
「パスワードの流出も避けたい!」

そんなあなたに。

今回は、前回のBasic認証を使ったパスワードサイトよりも
さらに強力なパスワードサイトを作りたい場合にオススメです。

※コアサーバーに設置する例をお伝えしています。

どんなパスワードサイトが作れる?

今回ご紹介するパスワードサイトはKENTWEBにて
無料で配布されている「PasswordManager」を使用します。

PasswordManager
kentpm


私は情報商材につけた特典を観覧させるページとして
よく使用しているのですが有料教材の販売でも使えます。

「PasswordManager」は、通常のベーシック認証とは違い
ユーザーのIPアドレス付きでアクセスログが取れるものです。
pama01

私が別で所有しているパスワードサイトですが、
ユーザーID、ログイン日時、IPアドレス、ブラウザがわかります。

IDとIPアドレスを確認することにより
不正にアクセスしているユーザーを特定できるということです。

「PasswordManager」では、ユーザーがIDとパスワードを申請したときに
ユーザーだけでなく、あなたにもメールが届くようにできます。

そのメールにユーザーの名前やメールアドレスの他に
IPアドレスが記載されていますので、

そのIPアドレスを管理ページの「備考」覧に記載しておくことで(ここは手作業)
IPアドレスの違うアクセスが多数ある場合に不正を判断できます。
pama02

ユーザーをIDとIPアドレスから判断する場合は
ユーザーを目視で判断することになりますので
数百人単位のユーザーを管理することは手間です。

しかしあなたの作成した教材がASP販売しているものではなく
教材の独自販売や情報商材の特典など、
それほど多くのユーザー数を考えていない場合にオススメです。

あなたの販売する教材や講座などの
規模に応じて判断するようにしてください。

ID・パスワード発行を自動化

設定次第で以下の設定ができます。

1.ユーザからの発行&メンテを可能にする
2.発行は管理者のみ。ユーザはメンテのみ
3.発行&メンテは管理者のみ

今回は1の解説を行っていきます。(2と3については後で解説)

あなたの有料コンテンツがアップされたパスワードサイト内へと
ユーザーがアクセスする前に、ユーザー自身にIDとパスワードを
発行していただくことができます。

「PasswordManager」の設置場所

あなたが以下のURLをメインサイトにしているとします。
http://yoursite.com/

セールスページとパスワードサイト用に
以下のようなサブドメインを作り
http://sub.yoursite.com/
このサブドメインのトップページには
レターなどのセールスページを置きます。

そして member/ というディレクトリを作り、
その member/ ディレクトリ内で
パスワードサイトを観覧させたいとします。

member/ というディレクトリ内を
パスワードサイトにするわけですから、

ユーザーに公開するパスワードサイトURLは以下になります。
http://sub.yoursite.com/member/

ユーザーにはこのURL内でコンテンツを
観覧していただくという例でこれから解説します。

設置場所を変えたいという場合でも
一度、解説通り行ってみて、
まずやり方を掴んでみてください。

【準備】「FullPath Viewer」をダウンロード

「PasswordManager」でパスワードサイトを構築する前に
まずパスワードサイトの正確なフルパスを取得します。

KENTWEBにある「FullPath Viewer」をダウンロードしてください。
FullPath Viewer
fpv



FTPソフトなどでsub.yoursite.comディレクトリ内に
memberのディレクトリを作成してください。

fullpath.cgiを「PasswordManager」を設置する予定のディレクトリである
/public_html/sub.yoursite.com/member/ にアップロードします。

アップロードしたらfullpath.cgiのアクセス権限を755に設定したあと
ブラウザでhttp://sub.yoursite.com/member/fullpath.cgiにアクセスします。

すると以下のようなメッセージが出ますので・・・

fpvc
第1チェック下の文字列をメモ帳などに保存しておきます
/virtual/あなたのコアサーバーアカウント名/public_html/sub.yoursite.com/member

次回から「PasswordManager」設置の解説をしていきます。