こんなに分厚い本を1日で読んでしまう人が続出するほど、
「読ませる小説」として名高いのがダヴィンチコード。

dabi

ここまで読ませる小説には、
ただ、ただ、感心してしまいます。

感心と言うと上から目線っぽくなりますが違います。
むしろ上から目線に慣れるやつが怖い。(汗)

「布石」も「繋ぎ」もニクイです。
ぜひ読んでおきましょう!


最後、思いもよらなかった人物が、
いちばんの悪投だったっていうのも

ありがちではありますが、
意外性があって、読む人を感情的にさせます。

ステップメールではこんなベタな展開も
新鮮に感じてもらえながら読んでもらえます。


そして映画版もいいです。

思いもよらなかった人物が悪投というところは同じですが、
「ダビンチコード」とともに「天使と悪魔」もオススメ。

eidabi eiten
読ませるステップメールに加え「まさかそんな!」と
読者に強い興味を抱かせるために、参考になる個所は盛りだくさんです。

エッセンスを盗みましょう!