「IP分散」タグの記事一覧

ドメイン・レンタルサーバー

海外のレンタルサーバーは使わなくてよし

「海外のレンタルサーバーを利用したい!」

そう考える方々は「IP分散」でSEO効果を狙いたいという人がほとんどなのかもしれません・・・。

あなたも?
正直に言うと私もそうでした。(笑)

このサイトでは耳が痛くなるほど「IP分散」は時間の無駄と言ってきております。IP分散は効果なし!もはや考えることすら無意味!

いまや「IP分散」目的で海外のレンタルサーバーを借りることのメリットはほぼ無いといってもいいと思ってます。私だけでなく、制作系で多くのHPを見ている制作業者さんも言っているほどです。
普通に、日本の有名なサーバーを使って、コンテンツ制作にエネルギーを注いだ方がいいかと思います。


費用対効果で選ぶのであれば、海外にも安くていいサーバーがあります。
「ホストゲーター」とか有名ですよね。

しかしレンタルサーバーは有名なところだけを選んだ方がいい理由
でもお話ししましたが、レンタルサーバーを契約するときの重要なポイントの1つに、「ネット上に多くの情報が掲載されているか?」があります。

ヘタに海外サーバーに手を出すと、ネット上に情報が少なくて、余計なところで手間取ってしまうのですよね・・・。


日本語しかわからない人であれば(私のように 笑)海外サーバー内での設定方法や使い方など、すべてを日本語の解説サイトに依存することとなるはず。

日本語で解説されているサイトも数えるほどはありますが、サイトの公開までに必要な簡単な設定くらいまででしょう。

ワードプレスの設定をしたいとなると、データベースの設定方法などの専門的な方法を、ま~た調べなければならなくなります。そこまで詳しく説明しているサイトは、さらにさらに少なくなっていく・・・。

余計な手間と時間が、どんどんかさんでくるわけです。
もう普通に日本のサーバー会社に申し込んだ方がいいですよ。(汗)


また、ここまで読んだあなた。英語ができるのであれば、
「海外サーバーの情報が少ないんだったら、俺がそのサイトを作れば人気サイトになるんじゃないか?」

こう思ったかもしれません。
ですがそれも、やめておいたほうが良いのでは?と、私は考えます。

そのようなサイトには、
「○○と書いてらっしゃるんですができません!」
「○○したいんですがどうしたらいいでしょうか?」
「このサーバーで○○したいのですが可能でしょうか?」

なんていう、
とてもめんどうなコメントや問い合わせが殺到します。

一見、人気サイトになってきていると錯覚してしまいますが、このような人たちって、お金を落としてくれる人たちでないケースがほとんどです。

あなたは手間のわりに、その見返りとなるものも極めて少ないでしょう。ほぼタダ働きに近いことを要求されるはずです。


「これ以上の設定は有料で承ります」と、うまく誘導するのもうまいやり方ですが、その海外サーバーのエキスパートになる必要がありますし、他にも
年間・月間で、どれだけの人がその海外サーバーを利用しようと思うか?
そしてあなたにどれだけの人が依頼してくると見込めるか?

こういったことの、大よその人数を考えただけでも、思った以上にオイシくはないはず。


海外サーバーに申し込もうかと考えるよりも、国内の、有名でネット上に情報がたくさんあるサーバーを選んだほうが得策だと私は考えます。

インターネット上にサイトを公開するということは、突き詰めていけば、なんらかの利益を追求することが目的のはず。時間とエネルギーを注ぐべきところは、この「お金を稼ぐ」部分です。

「設定方法」なんてところに、時間とエネルギーを無駄に消費していては、気疲れするだけのことが多いですよ。

そういった意味でも、普通に、国内の有名なレンタルサーバーに申し込むほうが、余計な手間を生み出さずに済むぶん、懸命といえるのではないでしょうか。

サイトをサクッと作り、アフィリエイト報酬もサクッと上げる。ここに焦点を当てると、余計なことに時間を取られなくなりますのでオススメです。

ぜひ参考になれば・・・。m(_ _)m

SEO

IP分散は効果なし!もはや考えることすら無意味!

私は現時点で500近くのサイトやブログを所有していますが、
「IP分散」には意味がありません。

IPの違うレンタルサーバーを利用し、
SEOを施したいサイトにリンクを送ることが

「SEO対策として有効」と言われていますが・・・


それは少し前までの話。

SEO対策として「IP分散」を行うことは
現在では意味がないことです。

効果を正確に測ることができるツールが仮にあったとしても、
それはほとんど、無視してもいいレベルでの違いでしょうね。

私の知っている500以上の個人そして企業サイトを見てきてた専門家も
同じように「もはやIP分散は意味がない」と言っているほどですからね。


検索エンジンの代表格であるグーグルは、日々、
ユーザーに利用される検索エンジンの改良に努めています。

より質の良いサイトを上位に上げて、
検索結果の健全化と質の高さを保っているわけですね。


少し考えればわかることですが、

人為的に操作できる「IP分散」で検索順位が操作できるのであれば、
質の低いサイトを上位に表示することも可能となります。

これでは検索エンジンとしての質の低下を招くことは明らかです。


検索結果に広告を掲載し収益を上げているグーグルが
この「IP分散」による対策をしないわけがありません。

検索の質が悪くなると利用者が離れていく危険性がありますから、
それは広告を見る人が減るということだけでなく、
広告を掲載する広告主の利用も離れていくことを意味しています。

人のいない場所に広告を出そうとする広告主なんて異常ですからね。


人がいなくなれば結果的に
グーグルの収益が落ちることにもなりますから

「IP分散」だけでなく

人為的な操作で順位を上げるSEOテクニックは
絶対に長くは続かないでしょう。


ネットで活動している個人含め業者さんまでも
「IP分散でSEO対策!」なんて言っているところが
いまだに多いことには驚かされます。

「IP分散」でオイシイ思いをした過去の経験にしがみついて
昔と変わってしまった現実を受け入れられないでいるのでしょうか。


私も小手先のSEO対策ばかりを考えてきた身ですから、
その気持ちはわかります。笑


しかしグーグルは、質の高いサイトやページを上位に表示して
検索の質を高めることを考えているのですから

質の高いサイトだと”見せかける”テクニックや考えは
長期的に見てなんの役にも立たないことなのです。


「IP分散」は確かに、数年前までは効果がありました。

しかし今は無意味です。

たとえ現時点で”わずかでも”効果があったとしても、
将来的に意味のない対策になることは明らかです。

もはや「IP分散」について考えることそのものが、
時間の無駄であり無意味なことだと私は考えています。


確かに「IP分散」によってjSEO上位表示できていると豪語する人もいます。

でもそれは、純粋に「IP分散」による効果で
上位表示できているかどうかなんていうのは
検索アルゴリズムがブラックボックスである以上、
誰もわからないことなんですよ。

実はコンテンツで上位に上がっているのに「IP分散で上がってる!」とか
変な勘違いをしてる人たくさんいらっしゃるはずです。

ページの先頭へ