これまで何度かご紹介してきた、
放置状態で月5000pvだったサイト。

「そろそろ更新したいなぁ~」

と、考えるだけで何もしてなかったのですが、(w)
そのまま何もせず10000pvへいっておりました。


4月
201604

5月
201605

6月
201606

5000から10000ということで、
「さらに倍!」と巨泉ばりに叫ばずにはいられない
そんな結果となってしまいました。

kyosen

もともと5000pvで落ち着いていたこのサイト、
なぜ放置状態で10000pvまでいったのかを考えると、

去年の12月に某有名2chまとめサイトからリンクされたこと。
それくらいしか思いつきません。

あのときからジワリジワリとアクセスが検索エンジンからも
増えていき、結局そのまま、10000pvまでいってしまいました。

で、そんな経験から1つ、
感じたことがあるのですが…

検索エンジンは rel=”nofollow” のリンクとはいえ選別してるのではなかろうか?


2chの某まとめサイトから私のサイトへのリンクには、
rel=”nofollow” がついていました。

言うまでもないですが rel=”nofollow” がついたリンクは
ロボットにリンクをたどらせない、

または、リンク元のリンクパワーを送りたくないときに
rel=”nofollow” を付けるサイト運営者が多いです。


ただこの rel=”nofollow” のリンクって、

検索エンジン側は選別できる、もしくは選別してるんじゃないの?

と、思ってます。


なんていうか、

「俺のサイトのパワーを与えてなるものか!」

外部サイトにリンクを張るときに、
そう考えるサイト運営者っていると思うんです。

これはセコイ。

とは言いませんが、
(リンクしてくれただけでもありがたいので)

検索エンジン側としては、サイト運営者の
意図的なリンク操作は見抜けるようにしておかないと、
サイトの評価を判断していけないはずです。

それは検索エンジンとしては良くない。


ということで、

AからBのサイトにリンクしてるけど、
Aからのリンクに rel=”nofollow” がついている場合、

検索「Bのサイトはもともと人が多い優良サイトやんけ!
   なんで rel=”nofollow” 入れるん?」


検索「ははーん。さてはAのサイト、リンクパワーを
   送りたくないってことで rel=”nofollow” 付けたんやな?」


検索「Aは人気サイト。人もおる。Bも人がいる優良サイトや。
   rel=”nofollow” 付いてるけど、普通のリンクとして評価したろ。」


↑ 検索エンジンって
こう考えているような気がします。

AもBも、人の観覧が多い優良サイトであれば、
rel=”nofollow” でリンクされていても評価する、

今回の件で、検索エンジン側は、そんなアルゴリズムを
組んでいるんじゃないか?と身をもって感じてしまいました。

放置で10000pvいってしまった理由は
そのくらいしか考えられないっす。

もしくはGoogle先生の御気分でしょうかね。

なんにせよ質の高いサイトを作って損はない。
月並みな言葉ですが、そういうことですね・・・。

もう一つのサイト


こちらのサイトはほとんど変わりなし。

201606-ji

更新したいな~と思いつつなんにもしてない。
私の意識・行動にも変わりなし。

ただ情報商材のサイトで放置でこれだけ人を引き寄せられれば、
自動的に報酬もまぁまぁ上がってきます。

今度こそ、近いうちに更新するぞ! ←