無料で使える高機能な画像編集処理ソフトで有名な、
GIMP(ギンプ)を、ようやく使いはじめてます。

画像編集処理ソフトについては、私はこれまでホームページビルダーに
オマケ程度で付いてたウェブアートデザイナーで粘ってました。(w)

しかし新規で買った中古のタブレットPC、OSがWin8だったからか
ビルダーを含め、ウェブアートデザイナーが使えなかった。(涙)


ってことで、ようやく無料とはいえGIMPという
比較的メジャーなソフトを使う機会がきました。

画像編集処理ソフトで一般的なのは有料のPhotoshopが有名ですが
ネットビジネス、アフィリエイトで稼ぐ程度ならば、
このGIMPで余りあるはず。GIMPでできることを見てそう感じます。


使い方は、ネットで調べればいくらでも見つかりますが、
GIMPデビューする人が、とっかかりを早くするため、
簡単な操作くらいは、今後、掲載していく予定です。

使い方ではなく、できるだけ「稼ぐことに直結すること」
時間は使っていくべきだろうと思うので。 b

では、いってみましょう!


最新版GIMP(ギンプ)2.10をダウンロード&インストールする。


2018年4月27日、画像編集ソフトGIMPが最新版をリリースしました。


細かい機能は割愛。

簡単にいうと、6年ぶりのバージョンアップで機能がたくさん追加され、
ソフト自体も安定するようになったらしい。(適当w)

ただ、ここでの目的は、GIMPの素晴らしさを語ることではなく
画像編集をサクッとマスターして、あなたが作りたい画像を作成し、
ブログやホームページなどに使用すること。


なのでとりあえずGIMPをダウンロードして、
さっさと画像編集の準備をしてしまいましょう。

(ちなみに最新版GIMPの対応OSはWindows 7以上です。)

ダウンロードは「窓の社」などからもできますが、
窓の社 GIMPダウンロードページ (Windows版)

公式サイトからダウンロード&インストールもできます。
公式 GIMPダウンロードページ

公式サイトからダウンロードする場合は、
オレンジのボタン上にある「Download GIMP 2.10.6 directly」の
テキストをクリックすると、ダウンロードがはじまります。



また、このダウンロードページを下にスクロールすると
日本語版の「ヘルプ」がダウンロードできますが ↓



このヘルプはダウンロードしなくてもいいです。
オンラインで観覧できますから。⇒ https://docs.gimp.org/ja/

ただこのヘルプはわかりづらいものが多いです。

検索すれば出てくる解説サイト群のほうが
よっぽどわかりやすくて丁寧なので
ヘルプのダウンロードは必要ないでしょう。

さて、GIMPのセットアップファイルをダウンロードしました。



そしてこのファイルをダブルクリックすると、
「Select Setup Language」というのが出ますが、 ↓



ここは「English」でOKです。
なにもしなくても自動で
日本語表示されます。


次にこの画面で「Install」をクリック。 ↓



インストールが始まります。



インストールが終わったら「Finish」をクリック。



これでインストールは完了。

ただ、このあとは自動的に起動せず、
GIMPのアイコンもデスクトップ上に
作成されません。

なので、スタートメニューやPCの中をGIMPと検索して探しだし、
デスクトップにショートカットアイコンを作るか、
タスクバーにピン留めしてから起動するのがオススメです。


私はよく使うアプリ(ソフト)はタスクバーにピン留めしたいので、
それを行ってから起動します。

私が使っているOSはWin8(笑)なので以下のようになります。


タスクバーにGIMPのアイコンンが追加され
ピン留めできたことが確認できました。

クリックして起動すると、



すでに日本語なのが確認できるはずです。

終われば以下のように
画像編集加工ソフトGIMPが
起動します。



次は実際に使ってみましょう。

GIMPの使い方はコチラを参考まで!
「1ページ」でGIMPをマスターしよう!