斎藤一人さんはやっぱすごかった。
(メルマガで好評だったものに誤字脱字+αを修正した記事です。)

こんばんは。大田です。


目の前に「幸せ」だとわかるものが、

そのままあれば、

わかりやすくていいですよね。




ただ現実は、そうでないことばかりです。


「もうかる話」が来たかと思いきや、

「インチキな話」であることもしばしば。


まともな話だったとしても、

すでに市場が飽和状態であったりします。




本当に「もうかる話」の類は、

向こうからチャンスの形をなして、

あなたのもとにやってくることは、

ほとんどないでしょう。



皆がチャンスだという認識のないものを見極められる人が、

先に「幸せ」に繋がる結果を手にする、

または、その結果を手にする可能性を持つのですね。




斎藤一人さんの言葉が深いです。


「外国人がよくね、レモンをレモネードに変えるってんだよな。

要するに、あの酸っぱいものでも

工夫すれば美味しい物になるっていうんだよ。」



「日本人ってすごいよな。梅の酸っぱいやつを、

なおかつ塩に漬けてさ「梅干し」ってのを作ったんだよな。」



「神は「幸せ」に変えるものをくれるんだよ。

ストレートに「幸せ」をくれるんじゃないんだよ。

これをもらったらどうしてこれを「幸せ」にしようか?

それを考える。」




私も含めですが、多くの人が、

「梅」を「梅」としか見ず、

チャンスだと感じる傾向にありません。



しかし昔の人は、「梅」を塩漬けにして、

ご飯によく合う「梅干し」を作りました。


ウィキペディアにも書いてあるように、

いまや「梅干し」は国民食にあたるようです。



酸っぱいレモンを、甘いレモネードにした

外国人もすごいですけど、


改めて、昔の日本人ってすごいですよね。

渋くて酸っぱい梅を、食べられるようにしたのですから。






ここからネットビジネスの話です。


「なかなか売れないんですよね・・・。」

オススメのアフィリエイト教材が売れないという人。


その人のブログを見てみると、サイドバーに、

どのサイトでもお目にかかる教材がズラリです。




これらが悪いと言ってるわけではありませんが、

アン○ミ、ル○ア、シリ○ス、賢○など。

有名ですが、売るものとして「無難すぎ」といえましょう。




これを斎藤一人さんの話に当てはめると、

「梅干し」ばかりを売ってる状態です。


みんながオススメし価値が認められている商品は、

すでに誰かが大量に売ってるわけで、

その分、うま味も持っていかれてるのですよね。


それでもその「梅干し」を売ろうと思えば

先行者に挑むだけの覚悟が必要になります。



また、「梅干し」に「売る」以外の活用方法を見出し

情報発信をしているなら別ですが、


それどころか「梅」を探さず、「梅干し」を売る覚悟も持たず、

「梅干し」を売ることに終始するだけというのも考えものです。




チャンスは「誰もがチャンスとわかる形」を成していません。

多くの人が「チャンスだ」と気づく前にやるべきことをやった人が

「幸せ」に繋げていくのだと私は考えています。





ここで、ちょっとしたテストです。



アフィリエイト系ではありませんが、

あなたはこの教材を、どう思いますか?

http://**************
(メルマガのみ公開)

アフィリエイトリンクじゃないので踏んでください。



よく読んでみると・・・

1.**********

2.**********

3.**********


買った人にリスク無いですね。

中身は知りませんが

この点のオファーは強い教材だと思います。




ただ・・・、

ですよ?


ネット上を見渡してもほとんどのアフィリエイターが

「梅」を「梅」としか見ていないような、レビューばかりです。


その理由はセールスレターが

「梅だから」

としか言いようがありません。(笑)




一見すると、

チャンスだと感じにくいレターです。

ただ、よ~く読んでみると・・・

なのですよ。(笑)



懸念されることとしては、

指示された*****の

*****ですね。


どういった形式で

「*****てください。」と、

****をしているのかがやや不明確です。


********もあるでしょう。

そこは事前に販売者に聞いてみるなり、
そういった手間はありますね。


「梅干し」にするには手間も必要です。

「梅」は元々「梅干し」という形を成していないのですから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こういう教材って、世間で「梅干し」扱いされている商品ではなく、

ASPの中で「梅干し」になりそうな「梅」を探す意識で、

自発的に探してみると、意外とあるものですよ。



最後に、もういちどお伝えしますが、

チャンスは「誰もがチャンスとわかる形」を成して

目の前に現れることは「無い」といってもいいです。


あるとしたら繋がりを大切にしている富裕層くらい。



ではまた!

大田